04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

美容室のヘアーカラーとホムカラーの違い? 

吹雪で暇な美容室です。・゚・(ノ∀`)・゚・。



今回も他力本願です(^。^;)



美容室で使用しているヘアカラー剤とホームカラー剤の薬の違いは?




美容室で染めてもらうと普通のサロンでも5000円以上から、
高級店では10000円以上もするヘアカラー

ドラックストアで売られているヘアカラー剤が400円程度から、
高くても1500円ぐらい。
美容室で染めてもらうカラー剤とドラッグストアで売っている
ヘアカラー剤にはどのような差があるのだろうか?

まずは、ヘアカラーの種類
大きく分けて

◎ブリーチ剤・・・髪の色素を脱色して明るくします。
◎ヘアカラー剤・・・ブリーチ剤で脱色しながら同時に色素を入れて染めていきます。
◎ヘアマニキュア・・・爪のマニキュアのように、表面に色が付着します。


ここでは、一般的によく使用されるヘアカラー剤について説明しよう。

通常のヘアカラー剤は、脱色剤と色素の両方で作られており、
明るい色ほど脱色剤が多く、暗い色は逆に色素の割合が多くなってるわけだ。

美容室で使用される薬剤と市販のヘアカラー剤の違いはこの色素の違いになる。
色素には通常よく使用されるモノとして酸化染料と直接染料の2つがあるんだ。
説明すると、酸化染料は髪の内部で発色するイメージで、直接染料は表面的に色が付着する感じ

美容室で使用している薬液と市販の薬の違いは、
この染料の配合の比率が違うと勝手に思ってる。
美容室で使用しているヘアカラー剤は、
酸化染料の混入率が多く髪の内部でよく染まるはずだな。

違いをまとめると

美容室でのヘアカラー剤で染めると
☆内部で染まっているために、色もちが良い。
☆薬液塗布が難しく、ムラになりやすく、染めるのが難しい。

市販のヘアカラー剤の場合は逆になりわけだな!
☆表面的な発色が多いため、色が早く取れてしまう。
☆薬の塗布量での色ムラがわかりにくく、自分で染めてもそれなりにキレイに染まる。


このようなヘアカラー剤の違いがあると 俺の勝手な妄想だな!
やはり、もちを重視するなら、美容室のカラー剤になるわけなんだけど・・・


あくまでもいち美容師の妄想です)^o^(
スポンサーサイト

[edit]

« 朝日!!  |  髪の傷み!! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marlborobradpitt.blog55.fc2.com/tb.php/75-b15f3bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

T2オフィシャルホームページ

カレンダー

Graphical Clock 黒板

カウンター

カウンター

FC2ブログランキング

リンク

最新トラックバック

最新記事

最新コメント

メールフォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。